【配送に関する重要なお知らせ】
・運送会社の都合上、8月10日(土)~8月25日(日)を配達指定日にお選びいただくことは出来ません。
お盆明けは物流の増加が見込まれるため、着日指定の確約は出来ませんのでご了承ください。
・お急ぎのお客様は、当社までお問合せ頂きますようお願い申し上げます。

DIYでフェンスを作るなら人工木フェンスがおすすめ!
ネオカットウッドは天然木のようなリアルな素材感をもつ樹脂パネル材です。人工木なので腐ることなく、メンテンスフリーで心地よい空間を作り出します。

アルミ柱60×30 L1000mm AL63L10

価格: ¥2,510 (税込)
[ポイント還元 25ポイント~]
色:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

サイズ 60×30×L1000/T2.1 (mm)
ダークブロンズ、シルバー、アーバングレー

【必ずお読みください】取り扱いの際の注意とお願い

商品お受け取りの際の注意とお願い

  • 商品発送の際には、ご迷惑をお掛けしないよう細心の注意を払っておりますが、作業遅れなどのトラブルを未然に防ぐためにも届いた商品の内容チェックは、受け取ってすぐ行うようにし不都合がありましたらお早目のご連絡をお願い致します。
  • 板材は生産方式の特性上、多少の反りがある場合があります。この反りは組立てる際に修正できますので、品質上の問題はありません。
  • 品質には十分注意していますが、製造時期により質感・色差がある場合があります。また施工後の増設などで部材の追加がある場合は、既存の部材と色差がある場合が御座いますので、予めご了承ください。

保管上の注意

  • 板材は素材性質上、下記のような場合に短時間で反り・ねじれが発生します。
    ①立て掛けたり、平らでない場所に置きっぱなしにした場合
    ②水気のある地面に直接置いた場合
    ③日差しの当る場所に置きっぱなしにした場合

    この反り・ねじれは、組み立てるためにビス止めする事で解消されますので品質の面で問題はありませんが、施工時に支障がでますので、なるべく平坦な場所かつ直射日光の当たらない場所に保管するようにしてください。
  • 高温による部材変化を防ぐため、直射日光の当たる場所や暖房機・たき火の近くには置かないようにしてください。
  • 商品の上に長時間にわたり重量物を置かないでください。
  • 施工上の注意

    • 板材の伸縮を吸収できるよう、ビス穴の大きさは中央は5mm/端部は8mmとしてください。
    • ビス穴の位置は端から20mm以上としてください。パネル端部に寄り過ぎると板割れの恐れがあります。
    • 伸縮する材料ですので、横張りで板を連続して張る際は伸びしろとして長手方向は必ず、夏季(5~9月)施工時は6mm、その他季(10~4月)施工時は8mmの隙間をあけてください。また、上下のパネル隙間も5mm以上としてください。
    • 施工の際は必ず専用ビスを使用し、ビスがパネルに喰い込まない程度に締めてください。インパクトドライバーを使用する際は、打撃が作動する前に締め付けを止めてください。
    • パネルの曲がりや変形の恐れがありますので、柱ピッチは芯々1,000mm以内としてください。
    • 板材は真夏に於ける伸び、冬場の縮みも配慮しておく必要があります。ビス穴の外側にビスを打つと冬場の気温の下がった状況では、縮みしろが無いために板の両端が割れる恐れがあります。夏場の伸びと冬場の縮みの両方をクリアするには、ビスは必ずビス穴の中央に打つようにしてください。
    • 土盛りをした軟弱な地面に独立基礎による工事をした場合には、独立基礎が傾く危険が伴います。こうした立地では出来るだけ独立基礎のサイズを大きくし、いつも以上に地面内での固定をしっかりさせてください。場合によっては独立基礎ではなく、連続基礎にする事も選択肢として下さい。
    • 樹脂の特性上、温度変化による伸縮があります。変形や破損を防ぐために、下記施工解説書に記載の注意事項を守って使用してください。
    • カットする際、アルミ加工用の刃を使用すると切断面が溶けてしまう恐れがあるので木用の刃を使用するようにしてください。

    施工上の注意点をPDFにまとめましたので、下記ファイルを必ずご確認の上、施工を行うようにして下さい。

    ネオカットウッド 人工木フェンスについて

    フォームでのお問い合わせはこちらから

    ネオカットウッド 人工木フェンス 商品一覧

    部材単位で購入できます。現場にあわせて必要な部材をお選びください。

    ネオカットウッド・パネル ネオカットウッド・柱・横桟 ネオカットウッド・固定部品(ビス・Tバー) ネオカットウッド・キャップ・オプション

ページトップへ